Dash the Antenna

基地局を探して奪取します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W47T vs W42S

アンテナ奪取の観点から2つの機種を比べました。

W47T
2006年12月発売、
TV電話、Rev.A通信対応に対応した初の機種。

W42S
言わずと知れたウォークマン携帯
アンテナ奪取界において
2GHz対応携帯ではNo.1のサクサクを誇ると言われている。

「電池」
連続奪取時間で比較
W47T 都会3時間、郊外4時間
W42S 6時間以上

47Tが酷すぎます。47Tを買った後に42Sを増設したのも電池持ちの悪さからです。
47Tはたまにホッカイロのように暖かくなる時があり、
その時はお昼には電池1本、夕方には死亡です
暖かくなったのに気付いて、電池を抜いて冷ませば直るのですが・・・


「サクサク」
動作の機敏さで比較
W47T ボタンを押した後の画面の反応が鈍い
W42S 流石ソニエリ、反応が機敏

42Sの圧勝です。42Sは47Tと比べると遅いところなど1つもありません。
47Tは連続使用を行っていて本体が熱くなると、特に遅くなる印象
奪取ボタンを押してから画面に反応が出るまで3秒掛かることもざらにある


「2G奪取」
2G奪取に掛かるプロセスを比較
W47T
最初は「しゅう式不要で2GHzが取れる」と期待したのだが、今もそれは叶わぬ夢です。
利点としては
電波をONした後でもピクトが3本立っているので、時間に追われずに操作できること。
2Gが多く飛び交う場所でのことだが、間違えてEZフラッシュニュースを起動した後に
待ち受け→前回画面と行くと2Gが取れてビックリした。
・キーストロークは浅めですが、柔らかいキータッチは気に入っています。
・GPSの測位が早い、特に海上のエリア奪取ではどんどん開拓できた。

欠点はモッサリなので押し間違いが多く発生すること。
大きい(幅広い)ので持ちにくく、指の移動量が多いこと。
ちなみにRev.A通信は、2Gアンテナ密集地や
地下街のアンテナの直下でしか体感できておりません。

W42S
電波ON後にピクト0本状態で奪取を行わなければならないので忙しい
しかし42Sにはサクサクという武器があるので余裕で0本状態で奪取出来ます。
画面メモを呼び出すのも早いので、まっしゅやエリアを平行して行う方に嬉しいですね
後は箇条書きで
・奪取ボタンを2回押すと、2回奪取することがある。そうなれば2Gと800Mを一気に両方取れる
・EZボタンを強く押しているので凹まないか心配
・ピクトが一気に0→3本になる時に2Gが取れることが多い。
・0→3本の瞬間が快感
ちなみに私の着せ替えメニューはAirport Loungeです。
これなら決定キー3回押しで、電波ON・OFFにたどり着ける
本当は頑張れサラリーマンにしたいのですが奪取のために我慢です。


私の使い分け
日常はFelica必須の私はW47T
都会でアンテナの沢山あるところへ行くときはW42S

4/19追記
W47Tが二日連続で、ホッカイロ→電池切れ現象発生
2ヶ月ぶりですね。またauショップ持って行こう
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vtrdash.blog100.fc2.com/tb.php/10-405b1277
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。